カラオケは技術をつける前に緊張しないように自信をつけることが大切です。目線を上げて歌うことで音程が安定します。

カラオケでストレス発散をして日々の生活にメリハリを付ける

カラオケを上手くなる為のコツ

カラオケでストレス発散をして日々の生活にメリハリを付ける カラオケで上手く歌う為には技術を身につける前に、少しの意識を変えるだけで上手く歌えるようになります。気持ちは声に出て、発声の仕方は精神状態が大きく関係します。緊張していると喉が締まってしまって細い声しか出ません。高温を出す際には喉を締めてしまいがちですが、高い音になればなるほどに喉を開くイメージで歌うことが大切です。

緊張しないことが前提条件です。緊張する原因は自信が無いからであるので、自信を持てるようになるまで練習することが大切です。緊張せずに歌えるようになったら、歌う際には目線を少し上げて歌います。これだけで音程を保つことが出来ます。そして、歌う際には首を上げたり下げたりしながら曲に乗って歌ってしまいがちですが、これは音程のコントロールを難しくしてしまうので、出来るだけ動かずに歌うことが大切です。そして歌う際には大きく息を吸って、お腹の底に空気を貯めます。これは実際には肺に空気が入ってますが、横隔膜を広げることで肺が膨らむ為に必要なスペースを広げてより多くの空気を吸えるようにしています。そして、喉で歌わずにお腹で歌うイメージで発声します。これだけで安定して大きな声で歌うことができます。

関連リンク